PAGE TOP

055-900-1003

iSEED(アイシード)はインターネットを利用した、見守りテレビ電話パルモ、認知症高齢者徘徊感知パルモケアシステムを販売しています

HOME >  ニュース&トピックス, 事例・導入実績 >  日本経済新聞にパルモスマートコール 導入記事が掲載されました

ニュース & トピックス

日本経済新聞にパルモスマートコール 導入記事が掲載されました

2019.11.23

11月23日、iSEEDのパルモスマートコールの施設様への導入記事を日本経済新聞の紙面に掲載

いただきました。
タイトルは、電子版と少し異なり、「ナースコール スマホ受信 iSEEDがシステム 介護施設向け

導入費用安く」 と掲載いただきました。取材いただいた「日本経済新聞静岡支局様」、導入の記事

掲載にご協力いただいた、伊豆の国市「新健康家族」様に感謝する次第です。

序文に

「介護福祉機器ベンチャーのiSEED(アイシード、静岡県沼津市)は、スマホを活用して介護施設

で働くスタッフの負担を減らすナースコールシステムを開発した。このほど静岡県伊豆の国市の高

齢者施設が導入した。配線工事が不要で設置費が従来の3分の1以下ですみ、業務記録を簡単に作

成できる。人手不足に悩む施設からの引き合いが増えると見ている。」と掲載いただきました。

そして、本文では、

「同社が開発した「パルモスマートコール」は、IOT向けの無線通信規格として注目される「LoRa(

ローラ)」を採用。入居者が無線の送信機を押したり、ベッドの横に敷いたマットを踏んだりすると、

スタッフが待機する部屋にあるパソコンやモニターに表示する他、移動中のスタッフのスマホに音声

や振動で知らせる仕組みだ。」以下 詳細に紹介の記事を記載いただきました。