PAGE TOP

055-900-1003

iSEED(アイシード)はインターネットを利用した、見守りテレビ電話パルモ、認知症高齢者徘徊感知パルモケアシステムを販売しています

HOME >  ニュース&トピックス

ニュース & トピックス

ISEEDが静岡県 経営革新計画 平成31年3月版の事例集に掲載いただきました

2019.04.05

企業の事業戦略の強化を目的として、全国的に経営革新計画という制度があります。「経営革新」という名前のとおり、新しいビジネスモデル、商品、サービスを構築して、新しい市場を開拓し事業化するもので、計画を5年レンジで作り、実現していく制度です。iSEED(https://i-seed.co.jp)では1つ目のとして、「離床センサーとスマホで映像見守りシステムを構築していくビジネスプラン」、2つ目として、「高齢者介護施設向けICT活用のワイヤレス見守りシステム」の2つを現在実施中です。1つめのテーマについて、その成果を静岡県で評価いただき、県の経営革新計画事例集に掲載いただきました。今日、その冊子が届きました。ご採用、ありがとうございました。

 

「介護ロボットオンライン」パルモスマートコール発売に合わせ、インタビューを掲載いただきました

2019.03.05

介護ロボットや見守り機器の総合案内のために「介護ロボットオンライン」というサイトがあります。今回、パルモスマートコールの発売開始に合わせて、開発経緯や特徴、そのメリットなどのインタビューを受けました。そして、3月より掲載を開始いただきました。以下のURLです。 (https://kaigorobot-online.com/interview/1)  

 

概略、以下のように紹介いただきました。ありがとうございます。

次世代型ナースコールを新たに開発・販売した株式会社iSEED。有線での配線が主流だったナースコールを無線化し、大幅に工事コストを低減し、さらに統合型システムを採用することで機器コストの低減も実現しています。合わせて、ハンディ端末にスマートフォンを活用することで、PHS端末ではできない機能を搭載し、画期的なコストパフォーマンスを実現しています。

パルモスマートコールを2月20日発売開始しました。メディアへのプレスリリースを実施しました。

2019.02.23

 

iSEED (https://i-seed.co.jp/)では、新世代のナースコール「パルモスマートコール」を2月20日発売開始しました。 これに合わせて、プレスリリースを配信しました。いろいろなメディアで紹介いただきました。 

最先端のLoRa長距離無線を業界で始めて「呼出しボタン」に採用しました。無線でも安心に繋がり配線工事が不要で、導入時のコストを大きく削減しました。また、ケアスタッフが持つハンディ端末にスマートフォンを採用し、その機能を最大活用することで業務効率を改善でき、負担を大きく軽減することができます。 今まで以上の安心のサービスとともに、ケアスタッフに余裕をご提供できます。2月6~8日、東京ビッグサイトでのCareTEX2019東京にて出展し、2月20日より受注を開始しました。

 

東京ビッグサイトで東京ケアウィーク CareTEX2019に出展しました

2019.02.09

2月6,7,8日東京ビッグサイトで東京ケアウィーク CareTEX2019が開催されました。

iSEEDは今回、当社初、そして業界初のナースコールシステム パルモスマートコ−ルを

お披露目の発表展示を行いました。業界初の長距離到達可能なLoRa無線通信を搭載した

呼出しボタン、スマートフォンの機能を最大に活用 してスタッフの負担軽減に貢献します。
いままでの在宅システムや介護保険適用システムだけでなく、このパルモスマートコール

を目的のお客様もたいへん多く来場いただきました。
ありがとうございました。

 

「介護ロボットオンライン」にiSEED パルモスマートコールが紹介されました

2019.01.26

「介護ロボットオンライン」は介護ロボットの情報に特化された、情報サイトです。介護ロボット情報とともに

補助金の情報が満載のサイトです。「介護ロボットオンライン」にiSEED パルモスマートコールが紹介されました。

ご参照ください。

https://kaigorobot-online.com/products/11

 

厚労省主催の介護ロボット全国フォーラム、iSEED招待され出展 厚労省副大臣が来場いただきました

2019.01.25

厚生労働省、経済産業省の主催の介護ロボット全国フォーラムが東京のTOC有明ビルで開催されました。両省の今後の介護ロボットの政策が発表されたので,たいへん多くの皆さんが来場されました。同時開催の介護ロボット展示会にiSEEDも招待いただき、展示しました。開始早々、厚労省大口副大臣が来場され、iSEEDの展示に立ち寄っていただきました。国としても、超高齢化社会にICT技術、介護ロボット技術が重要であることが認識されており、頑張ってくださいと声をかけていただきました。

ブームの真相2019版にiSEED テレビ電話パルモが掲載されました

2018.12.26

「ブームの真相」という本が毎年1月早々に発刊され、全国の本屋さんで発売されますが、その2019年版に iSEEDの見守りテレビ電話パルモが掲載されました。今日出版社から本が送られてきました。「離れた家族をスマホで繋ぐインターネットテレビ電話を開発」というタイトルで紹介いただいています。選んでいただき光栄です。本だけでなく、WEB掲載されるそうです。2019年1月7日以降だそうですが・・

http://www.mrpartner.co.jp/boom2019/

良かったらご覧ください。

 

プレスリリース:パルモスマートコール:12月11日からの東京ビッッグサイト「新ものづくり展示会」出展

2018.11.29

iSEED (http://i-seed.co.jp)は介護施設に最適な無線式、新世代ナースコール「パルモスマートコール」の開発をしていますが、その開発が完了しました。12月の第2週12月11日からの東京ビッッグサイトでの「新ものづくり・新サービス展」が開催されますが、これに出品・展示します。 今日、プレスリリースし発表しました。パルモスマートコールは最先端の長距離無線方式LoRaを採用し、ナースコールのハンディ端末にスマートフォンを活用した、全く新しい新世代のナースコールシステムです。3日間あるので、良かったらビッグサイトにお寄りください。 詳細は逐次、FBやホームページでご紹介します。 よろしくお願いします。

 

プレスリリース:工事不要のパルモかんたんコール 発売開始しました!

2018.11.02

iSEED(https://i-seed.co.jp)は中小規模の介護施設様に最適な無線方式のナースコール「パルモかんたんコール」を11月1日より、発売開始しました。最新の無線通信”LoRa”を採用し、長距離通信が可能です。今までに無い繋がり易さを提供します。無線なので工事がいっさい不要です。パソコンやアプリもありません。また、今年の介護保険報酬の見直しの一つ、夜間見守りセンサーも接続が可能です。ベッドの起上がりを検出する「おきるコール」、踏むと反応する「ふむコール」、離れると反応する「はずれるコール」を御利用いただけます。受信は事務所に据置くタイプと持運びができるポータブルタイプがあります。人手不足に悩む、中小規模の介護施設の皆様、きっとお役にたちます。ご検討をお願いします。ネットショップもご覧ください。

 

東京浅草でアルフレッサ社主催のメディカルフェア2018東京に出展

2018.09.26

シルバーウィーク後半9月22日、23日、東京浅草でアルフレッサ社主催のメディカルフェア2018東京が開催され、出展を要請され、iSEEDも出展させていただきました。初めての病院、薬局関連の展示会にデビューさせていただきました。「Dr.ナグモの若返り健康法」で有名な、南雲先生がiSEEDブースに来場いただきました。先生は認知症関連の本も書いておられるそうで、見守りテレビ電話パルモやスマホで見守るパルモケアシステム、そして小さなGPSパルモどっち君などにたいへん興味を持っていただけました。パルモっていうんですね、いいですね・・と覚えていただけて、たいへん光栄でした。

文京シビックセンターで「文京区主催の【認PAKU】認知症高齢者に寄り添う機器展」が開催せれ、セントケア様と一緒に展示しました。

2018.09.14

9月13日東京 後楽園東京ドームに近い、文京シビックセンターで「文京区主催の認知症高齢者に寄り添う機器展」が開催せれました。販売のパートナーである、セントケア・ホールディング様と一緒に展示しました。 ご本人、ご家族、ケアマネージャ様ら400人ほどが来場されました。iSEEDの見守り機器について、感心高くご欄いただきました。 ありがとうございました。

 

 

 

愛知県碧南市老人ホーム様にナースコールシステムとパルモ映像システムが導入

2018.07.09

愛知県碧南市の老人ホーム コミュニケアガーデンへ碧南様に、無線式ナースコールとパルモ映像音声見守りシステムとを統合システムとしてご導入いただきました。コミュニケアガーデン碧南様は、各お部屋個室で、24時間ヘルパー様が常駐されている親切対応の高齢者施設様です。ご入居者様への対応を迅速化されるために、ナースコールシステムを導入されました。ご要望として、工事を極力少なくすること、電話システムと連動し、スマホ端末で内線、外線ができること。必要に応じて映像音声確認ができることが重要なポイントでした。工事は初期の予定通り、無線の工事がほとんどで、ほぼ2日間で終了し、3日目にはご導入の説明ができました。

 

 

 

 

 

 

 

小さなお子様がいて、ご両親ともに御努めのご家族でのパルモを御利用

2018.06.11

テレビ電話パルモ(https://i-seed.co.jp/parumo/)をご利用のお客様から感謝のメールとお写真をいただきました。お仕事をされているお母様が、すれ違うお子様とのコミュニケーションにご利用いただいています。パルモがこのように共働きのご家族のお役に立つことに感動しました。そして、「多くの、我々世代の力になってください。まだまだ、共働き世代には、つらい世の中です。」と激励を頂きました。皆様にご紹介させていただきたいと思います。 以下、メールの抜粋です。(https://i-seed.co.jp

・・・・・・・・・・・・

実際、使って助かっていること

● 朝、1人残した子供の様子が確認できるので安心できる。

● 幼稚園生、小学低学年の子も、押すボタンが少なくわかりやすい。
● 子供も不安になれば、他のテレビ電話と異なり、家側(子供側)も相手の様子をテレビ電話で確認しながら話せるので、子供も嬉しいと話している
● 1人残した子供が、学校に出かける前に準備するものの不足を感じた時、電話で、どこにあるか親に聞ける。
● 1人先に帰宅した子が、帰宅したことを電話で親に伝えられる。その際に家の風景も映るため、家からの電話であることも確認でき、親も安心できる。
● 録画機能もあるので、自宅で不審なことが起きてる可能性があるときに、観察とともに録画もでき助かる。
● 外部の清掃業者や家事、介護支援をお願いしている人は、その様子を確認できるので、安心して外部委託しやすい。
● テレビ電話そのものが、電話回線が不要なため、共働きで家に固定電話をおいていない場合でも使用でき、便利。その点で、子供が一人暮らしになった際もうまく活用できそうと期待。 
感謝とともにお伝えしたかったことを、羅列してみました。多くの、我々世代の力になってください。
まだまだ、共働き世代には、つらい世の中です。
やり過ごしていくのに、乗り越えていくのに、貴社のような製品にサポートいただけるのは、大変助かります。
今後ともよろしくお願い致します。(写真、およびメール文章は掲載許可をいただいています)

愛知県のケアマネージメント社とiSEED プレスリリース実施

2018.04.01

愛知県のケアマネージメント社とiSEEDで協同のプレスリリースを行い、読売オンライン、朝日新聞デジタルなど多数のメディアにニュース掲載されました。 ニュースタイトルは、「新たな”サ高住”向け IoT見守りシステムが登場!愛知県のケアマネージメント社が、サービス付き高齢者住宅「コミュ二ケアホーム高浜」に、iSEEDの見守りシステムを導入し、リニューアルオープンしました。」です。

東京ビッグサイトCareTEX 東京2018にiSEED出展しました

2018.04.01

東京ビッグサイトにてCareTEX 東京2018が3月14日〜16日開催されました。iSEEDも出展しました。介護福祉系展示会で最大級のB to B展示会です。iSEED(http://i-seed.co.jp)ブースに大勢のお客様が来場いただきました。今回、iSEEDでは開発がほぼ完了しました高齢者介護施設様向けの低価格ナースコールシステム ”パルモコール” を初出展しました。 

特徴は、ワイヤレス方式で配線工事が不要で、工事費が圧倒的に安価で、また機能を絞り込んで、中小の事業所様での導入可能な低価格を実現しています。

ナース端末にスマホを採用し、多機能電話システムとの組合せで内線、外線通話が可能です。

その他、以下の展示を行っております。

― 高齢者見守りパルモケアシステム(介護保険適用)

― 見守りテレビ電話 パルモ

ー 高齢者見守りシステム パルモ見守り番グループクラウド

ー 超小型GPS位置情報検索システム パルモどっち君

― 高齢者施設様向けコールシステムの窓口(コールシステムの最適ご提案)