PAGE TOP

055-900-1003

長距離LoRa無線呼出しボタンとスマホで実現する画期的なワイヤレス・ナースコール。スマートコールはiSEED(アイシード)にご相談ください。

HOME >  遠くまで届くLoRa無線とWiFiが開くワイヤレス

 

  新世代ナースコールはワイヤレスへ
 長距離LoRa無線とWiFiが拓く、新しい世界
パルモスマートコールは、これまで有線で接続されていたナースコールの呼出しボタンを、無線方式の呼出しボタンに置き換えました。遠くまで届く、LoRa無線によって高い信頼性を確保しているので安心です。無線通信は双方向通信信号で確認を取りながら再送を含めて信頼性を高めています。LoRa無線でスマートコールの統合コントローラに通知されます。コントローラはWiFiネットワークを介して、接続されたスマートホンとリアルタイムで通信を行います。WiFiネットワークに音声通話用の統合SIPサーバを接続することで、スマホによる内外線が可能になり。また、WiFiを利用して、見守りカメラのの映像をスマホで確認でき、居室との会話はスマートインターホンによって実現されます。さらに生体センサーもWiFiに接続されます。様々な機器とオープンなプラットフォームで接続される。これが新しい、ワイヤレスナースコールの世界です。
長距離LoRa無線とWiFiが拓く、新しいナースコール
長距離無線LoRAってなに?
新しい画期的な通信方式LoRaが生まれました。LoRaは世界的標準で、低消費電力で、免許不要の920MHz帯、スペクトル拡散という技術を組合せて、非常に長距離通信を可能にしたものです。LoRa搭載の呼出しボタンは、無線でも安心の繋がり易さを実現しました。低消費電力なのでボタン電池ですが、1〜2年電池が持つように設計されています。
工事コストを大幅に削減します
有線方式の場合、施設に配線を巡らせる必要があります。工事には人件費と日程がかかります。無線式の場合、この経費と日程が大幅に短縮できます。
居室工事不要、かんたん設置
ナースコールの入替えの際、有線方式の場合、居室内工事を実施して、入居者様に大きな負担がありました。パルモスマートコールは無線式の呼出しボタンを配置するだけ。居室もトイレも簡単に設置できます。
居室内 自由レイアウト
居室ではベッドの配置を変更することが多いです。有線式の場合、レイアウトに制限があり、また空中を信号線が配置される場合もあります。また、ひっかかり壊してしまうこともしばしばありました。無線式呼出しボタンの場合、配置が自由にできます。入居者にも介護する方にも都合が良く、効率的な配置に変更できます。
施設内の移動中でも呼出し可能
呼出しボタンはどこでも移動自由です。施設内の移動のためのシルバーカーに取付けると移動の際の呼出しも可能です。長距離無線のLoRaのため、繋がりが安心です。(ただし、通信距離を実際に試してからご利用下さい。) 
映像・ビデオ紹介
パルモスマートコール
プロモーションビデオ
お客様サポート

お客様サポート&ダウンロード
お客様お問い合わせ

紹介図書紹介

book1

book2