導入事例

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、介護老人福祉施設とも呼ばれ、公的な介護保険施設の1つです。 在宅での生活が困難になった要介護3以上の高齢者が入居でき、原則として終身に渡って介護が受けられる施設です。民間運営の有料老人ホームなどと比べると費用が安いのが特徴です。
詳しくはこちら

有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム有料老人ホームは、高齢者が心身の健康を維持しながら生活できるように配慮された「住まい」です。
詳しくはこちら

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、民間事業者などによって運営される介護施設で、「サ高住」と略されます。
詳しくはこちら

介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設(老健)は、要介護高齢者(要介護1以上)の自宅復帰を目指すため、医師による医学的管理の下、看護・介護を提供する施設です。 さらに作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などのサービスまで併せて提供します。
詳しくはこちら

病院・クリニック

医療機関は一般的に「病院」と「クリニック」(診療所、医院)の2つに分けられます。この2つの違いを知ることで、よりスムーズに適切な医療を受けられるようになります。
詳しくはこちら

障害者支援施設

障害者支援施設とは、介護や援助が必要で、なおかつ自宅で生活することが難しい障害者を対象とした入所施設です。
詳しくはこちら

ショートステイ

ショートステイとは、高齢の要介護者が数日~1週間程度の短期で施設に入所できるサービスのことです。
詳しくはこちら

グループホーム

グループホームは、要支援2以上の認知症高齢者を対象にした小規模の介護施設です。
詳しくはこちら