障害者支援施設 導入事例自宅で生活することが難しい障害者を対象とした入所施設

障害者支援施設とは、介護や援助が必要で、なおかつ自宅で生活することが難しい障害者を対象とした入所施設です。知的障害者や発達障害者、身体障害者などさまざまな方が対象であり、施設入所支援の対象は生活介護を受けている障害者程度区分が4以上、50歳以上であれば区分3以上の方や通所が困難な方などです。また、施設によっては入所している人の9割が知的障害者となる場合もあり、入所者が抱える障害に偏りがある場合もあります。

障害者支援施設様 導入事例

この障害者施設様では入居者の高齢化に伴い、危険な状況が発生し、スタッフの負担も大きくなっていた。ナースコールとカメラなどの見守りシステムの導入で入居者の安全とスタッフの負担軽減を実現するICT化を進めたいと考えておられた。

施設様概要

1・施設タイプ 障害者支援施設
2・部屋タイプ 個室
3・ベッド数  20床
4・目的
1) 入居者様の安全・安心
2) 介護スタッフの負担軽減
3) 先端ICT導入
4) スマホの内線外線活用

ご導入内容と改善成果

1・導入システムタイプ パルモスマートコール システムα 
2・ベッド離床センサー(おきるコール)半分のベッドに設置
3・見守りカメラ パルモビジョン2を半分のベッドに設置
4・同時にWiFiを全館導入を実施
入居者の高齢化に伴い、危険な状況が発生し、スタッフの負担も大きくなっていた。今回、WiFiの導入とICT機器の導入を実施していただいた。ベッド離床センサー(おきるコール)、マットセンサー(ふむセンサー)、パルモビジョンの導入により、スタッフの負担を大きく軽減することができた。